【リフォームの声】ベランダへの屋根の取り付け

建売住宅を購入して10年余りたった時に、ベランダから雨漏りがして、1階の天井に僅かですがシミが生じました。 住宅の構造が、ベランダが1階の一部の屋根の様な構造になっており、ベランダの床に経年劣化で生じたクラックから雨水が浸透して生じたのです。

この対策をどうするかで、迷いました。ベランダの床に防水処理を施すか、それともベランダに屋根を設置するのかで迷いました。 その結果、床のクラックは防水セメントで塞ぐ処置をし、メインの対策は屋根を設ける事にしました。

屋根を設ける事で、小雨が降っても洗濯物を放置しておくことが出来る点が決め手となりました。 ベランダにサッシで骨組みを作り、屋根としては費用を抑えるために茶色の半透明の塩ビの波板を乗せる構造で施工してもらいました。 屋根を作って以来、激しい雨が降っても雨漏りの心配は全くなくなりました。

屋根を設置して3年半後に、塩ビの波板は激しい風台風で、何枚かが破損してしまいました。 波板は紫外線や雨水により劣化し、いずれは張り替える必要が生じると思っていましたが、こんなに早く張り替えの必要性が生じるとは思っていませんでした。