【リフォームの声】バリアフリー化は、高齢になってくると遅かれ早かれ問題に

祖母と祖父がだいぶ高齢になってきたので家にある段差をなくそうと家族会議で話し合いをしました。

階段にも手すりを付けようということにもなりました。段差はすべて無くなりましたし、階段に手すりを付けてもらってぐらつかずにしっかりと手すりが付けられていました。これで祖母と祖父が安心して暮らせるようになりました。

完成したリフォームを見た際には満足できました。

祖母も祖父も大喜びでした。バリアフリー化のリフォームは、高齢になってくると遅かれ早かれ問題になってきます。我が家では家族全員で真剣に今後のことを考えました。

日本の戸健は2階建てが多くなっていますので、高齢になればなるほど階段の上り下りも辛くなってしまいます。また、段差もあると足腰に不安がある高齢者にとっては辛いものがあります。

バリアフリー化のリフォームには確かにお金もかかりますが、安全安心で暮らすためには避けては通れないものだと思います。我が家ではバリアフリー化のリフォームはして良かったです。段差が無くなったのと階段の手すりによって以前と比べて祖母も祖父もだいぶ暮らしやすいと言っています。