【リフォームの声】バリアフリーではドアを重視すべき

私が自宅をバリアフリーリフォームしたのは、一つは祖母が骨折したことがきっかけにより歩けなくなり寝たきりになるのではないかと危惧ししました。

その上で決め手となる出来事なんですが、自宅でもある程度車イスを使用することで移動が可能であると判明したので決め手は車イスの補助を出来るように自宅をバリアフリー化しようということでしたのです。

リフォームをする際に頭によぎったのは、本当に車イスを自宅に通して生活をすることが出来るのかと言う問題だったんですがこれについてはドアをまず改良することが重要です。

どんなに自宅をフローリングで平面化してもドアを引き戸のように横にスライドするタイプ以外のドアにした場合車イスを利用している方はまずドアを開いたり閉じたりすることが出来ないのです。

ですのでまずフローリングの平面化も重要ですがまずドアからきちんと車イスが通りやすく閉じやすいものにするのが良いです。

ちなみに、自宅用の車イスと外出用車いすを使い分けることで室内でも安全な車イスと言うものがありますのでそちらと併用する形で自宅内の廊下にスロープを設けたりとバリアフリー化していくのが良いです。

本当にドアは注意ポイントでして、私の知り合いの中にはドアで失敗した人もおりせっかく廊下を平面化したり、部屋の継ぎ目を無くしたりしたのにも拘らず、ドアを従来のままにしたが故、車イスに乗ったままでは開閉できないドアで失敗してしまったとお言うことが多いです。ですのでまずドアはかなり重視すべきです。