【リフォームの声】バスルームを快適に

築18年目になり、家の水回りの劣化が目立つようになりました。特に劣化が進んだなぁと感じる部分はバスルームなので、そこはリフォームすることにしました。

バスルームの見積もりをとった時点で、どういう部分を重視したいかなどポイントをいくつかお伝えしておきました。バスルーム内で洗濯物も干せるようにして、脱衣所との寒暖差もなくし、ヒートショック防止もしっかり対応してもらうようにしました。

そして、お風呂場の掃除も簡単に済ませることができるように、黒カビ繁殖を抑える効果がある素材を使ってもらうなど、その辺も柔軟に対応してもらいました。バスルームは、特に掃除がしにくい天井など抗菌効果がある素材を活用することで、だいぶカビの繁殖を抑えることができるし、快適な住まいになるので、こういう対策は必要だなぁと実感しています。

色々と柔軟な対応で住みここちがだいぶ違うので、バスルームの改善など色々とアドバイスを頂き、綺麗な空間になったので満足度が高くて嬉しいです。