【リフォームの声】トイレを介護用にリフォーム

1階にあるトイレを介護者用にリフォームしました。なぜリフォームしたかと言うと、親と同居していますがその親が足が不自由になったため介護が必要な状況となりました。要介護者なのでリフォームの際に多少の助成金も出るということで、親が1人でもトイレができるように変えました。

親のリビングからトイレまでの道のりに手すりをつけて、トイレ内にも手すりをつけました。手すりをつけてあげることで歩いているときにこけずに済みますし、トイレで座った後に立ち上がる際の補助にもなります。たったそれだけではありますが、手すりを付けたことで私たちがトイレをサポートする必要がなくなりました。

現時点では手すりをつける程度のリフォームで十分ですが、将来のことを考えるとバリアフリースタイルにするという選択もあります。でも我が家の場合は、親に自分でできることは自分でやらせたほうがリハビリにもなるし良いだろうという考えもあり、リフォームはその時々の状況によって変化が必要になった時にできるという考え方なので、一気に仕上げる必要はないと思って手すりをつけるだけにしました。