【リフォームの声】トイレは毎日使うので妥協しない

建物が築40年のものすごく古い建物です。特にトイレが古く未だにレバーを引いて水が流れるトイレになります。

あまりにも使い勝手が悪く水道代がかかってしまうためにまとまったお金が入ったのでリフォームをすることにしました。まずは電源がないとウォシュレットが使えないので電気工事をしました。次に水のタンクが無駄に大きかったのでよりコンパクトにしてトイレの中の部屋を大きくして空間的にもゆとりができました。

水道管や排水管がものすごぐ錆び付いていて中もすごい変色して今にも壊れそうなものでした。この配管などの交換をしてもらいました。最近地震も多くなって少しでも強い揺れがあればヒビが入ることもあったかもしれないなと感じます。

本当は水のタンクの嵌め込みにして見えないようなものにしたかったのですが費用がかさんでしまい断念しました。これからリフォームを検討している方に言いたいことはトイレは毎日使うものなので妥協しないで自分で好きなものにするといいと思います。特に今のトイレは水道料金も断然安く済みますし自動で流れるようになり常に清潔に保てますので掃除も簡単に済むので時間の節約になります。