【リフォームの声】トイレのバリアフリー化

リフォームは、プロに任せた方が仕上がりが良い。自分でやっても、そんなにうまくいかないという話です。

私の家には祖母がおり、足が悪いためにトイレの床をすべりにくい物に交換し、手すりをつけるなど、バリアフリー化をしました。トイレはお風呂場と引っ付いているのでリフォーム前では床が石だったので塗れていたりすると滑る可能性がありましたが、トイレと風呂場を分けることにより、足元が滑りにくすることができました。

反省点を挙げるとしたらトイレに収納棚を作り、そこにトイレットペーパーを蓄えられるようにすれば外からトイレットペーパーやブルーレットを交換する際の手間が省けると思いました。これからトイレをリフォームするに当たり気をつけないといけない点を上げるとすると、自分でリフォームするのだけは止めておいた方がいいです。床はもちろん自分で張り替えるのは無理だと思いますが、手すりくらいなら自分で付けられると思い、自分ですると、きちんと取り付けできない場合やサイズが合っていない場合があり、私のように自分でしたはいいが結局は業者に頼んで手すりをつけてもらうといったことになりかねません。

ですので、経費を浮かせたいのは分かりますができるだけ業者の方に頼んだほうがいいと思います。