【リフォームの声】トイレとお風呂をスムーズに行き来できる動線確保

私の家では、高齢者の両親が居ます。母の方が車椅子生活を強いられており、お風呂とトイレを行き来するのが非常に難しい状態となっておりました。トイレにはすでに車椅子から昇降し易いように手すりを付けまして、お風呂場も昇降し易いように手すりを付けました。しかし、それだけでは、抜本的な解決に至っておりませんでしたので、よく母がトイレからお風呂場にすぐに行きたいと言うことを言っておりましたので、トイレとお風呂場の敷居を外して全面バリアフリーにしようと言う計画を立てました。

バリアフリーに着工してからは、非常に早く、また、これを機会に扉の段差になっている部分も全て平らにすることにしました。車椅子が行き来し易いように細心の注意を払い、母に便利に活用して頂けるようにあらゆる面で工夫を行いました。その結果、バリアフリーにしたリフォームが完了しましたら、トイレとお風呂が繋がり非常に他のスペースも行き来し易くなりました。

母は感動して頻繁にお風呂やトイレを利用するようになりましたし、子供も用を足した際に汚れてしまった場合は、すぐにお風呂で行ける形になりましたので、かなり安心しました。総じて家族にとっても良いリフォームになったと確信しております。また、今後もし、バリアフリーにした全面リフォームを検討する際には、玄関からを全て手すりを付けた上で全面バリアフリーにしたリフォームを検討していきたいです。