【リフォームの声】ウォシュレットの故障を機にトイレのリフォーム

家を建てた時からのウォシュレットが故障したのを機に、思いきって、一階のトイレのリフォームをすることにしました。

元々ー階のトイレは、建設時忙しくチェックが疎かになった為、予定よりトイレが狭くなっていたことが不満でした。また、同居の祖母の体力がおちて、手洗いの位置など、ちょっとしたところで、トイレが使い辛くなってきていました。

まずは、トイレメーカーのパンフレットを取り寄せトイレの選定から始めました。
祖母に使いやすい機能として
・ウォシュレット
・自動洗浄機能
・小さい独立手洗い
が特に外せない要素でした。

デザインと掃除のしやすさ等も考えた結果、Lixilのものを選びました。 我が家の一階のトイレは北西にあり、冬場が特に寒く、窓が結露したりすることがありました。また、寒さに弱くなった祖母の為に、冬場は小さな暖房器具をつけていましたが、コンセントが余分にない為、ウォシュレットの電源を分岐しているのが危険に感じていました。

そこで今回は、窓を二重窓にすることと、コンセントの増設もすることにしました。 更に窓の結露対策として、壁にエコカラットを貼ることにしました。 エコカラットは調湿機能だけでなく、臭いもとってくれるとのことでトイレにはぴったりの壁材です。

ただ、効果を発揮させるのはある程度以上の面積が必要とのことだったので、思いきってトイレの壁全面にエコカラットを貼ることにしました。 リフォーム工事の時には、このエコカラットを貼る作業が思った以上に大変でした。

トイレとコンセントエ事、二重窓は一日目で終わったものの、エコカラットの作業が終了せず、結果二日がかりでトイレのリフォームが完了しました。 現在、リフォーム後に一度冬を過ごしました。
当初は、トイレのリフォームにしては大がかりになったと思っていました。しかし、不満に思っていた点が解消され、手入れがしやすくなったことや使いやすくなったことで、結果として大変満足しています。