【リフォームの声】アイランドキッチンに変更

中古物件でキッチン全体が古く、設備面や掃除・お手入れの効率、デザイン性を考えリフォームすることにしました。

当初はカウンター部分を解体し、コンロやシンクはそのまま残すことも検討しましたが、長く暮らしていくためにも思い切って大幅なリフォームを決断しました。具体的には、木製のカウンターがついているキッチンだったのをアイランドキッチンに変更し、外付けしていた食器洗浄器もビルトインタイプのものへ変更。

コンロや換気扇も含め、丸ごとシステムキッチンへ入れ替えたかたちになりました。リフォーム前はシンクが狭いうえに外付けの食器洗浄器が幅をとっていたので洗い物がしづらく、カウンターとの境目に汚れがたまるなど小さなストレスがたくさんありました。

リフォームによってシンク幅も広がり、掃除や洗い物の手間が格段に減りました。それまであまり気にとめていませんでしたが、やはり年式の新しいキッチンは作業台の素材も進化していて汚れを拭き取りやすく、結果的にリフォームには大満足しています。

キッチンは家の中心とも言える場所だと思うので、リフォーム期間中は業者の往来や騒音が気になるかもしれません。また、キッチン周りの小物や食器が多い方はリフォーム前の片付けのついでに断捨離することをおすすめします。

モノの配置やレイアウトをよく考えておくとリフォーム後のキッチンがよりスッキリするのではないかと思います。