【リフォームの声】アイディアをカタチに

自宅が古くなってしまい、そろそろ新しく心機一転した場所での生活を考えたいと思い、自宅のリフォームをすることにしました。しかし問題として自宅敷地面積が狭く、リフォームにも限界があるということもあって、アイデアやデザインにかなり頭を絞りました。

どうせリフォームするのであれば庭が欲しかったですし、狭い割には広々と使えそうな環境を作るため、無駄を省くことから考えるとかなり広々とした自宅作成のアイデアが思い浮かびました。

自宅の中には不要な部屋がいくつあり、そこを削って必要な部屋を移設する事で、スペースを設けることができました。またそのスペースを使って自宅をロの字型に変えて真ん中に中庭を設けることにしました。中庭であれば密集した周辺環境でもプライベートが守れますし、子供も安全に遊ぶことができるため、このリフォーム案はかなりよかったと感じています。

リフォームをする時には自分の考え方などをあらかじめまとめておくことで、それを活かしてもらうことができますし、不要な部分を見つけておけば余計なものをそぎ落としながらのアイデアを閃くこともできます。