【リフォームの声】どうしても壁の色が気に入らなかった

新築建売の一軒家を購入して一年も経たなかった頃に外壁の塗り替えをしました。 その物件は立地も価格も間取りも今まで見た中ではよかったのです。なかなかそんなにそろって条件がいいということはないものだと思います。おうちをさがすのは妥協の連続です。

ただ、その物件の唯一の欠点は壁の色でした。 お隣の建売物件と同じ色ならよかったのに、なんでうちだけこの色なのか・・・? でもほかのことはどうにもならないけれど壁の色はいつか塗り替えるときに色をかえられるし、我慢できる範囲だったので購入となりました。

しばらく住んでみて、でもやっぱり壁の色が気になるなあと思い壁の色を変えることに決めました。

雨や汚れをはじくコーテイングもしておくと壁の持ちがちがうので、色の変更と一緒にお願いしました。

工事後は気に入った壁の色になり、心がとてもすっきりしました。こんなにもこころに引っかかっていたことだったのだとびっくりするくらいです。

以前の壁の色は、なにか自分の嫌いなマイナスをもった色だったのかもしれないです。 壁の色を変えてほんとによかったです。