【リフォームの声】さすがに築20年も経つと外壁の塗装の剥がれが酷くなってきます

築20年の木造一戸建てに住んでいます。さすがに築20年も経つと外壁の塗装の剥がれが酷くなってきます。けれども私はそんな外壁塗装の剥がれが酷くなりながらも、長い間リフォームをする事なく放置をしていました。外壁の塗装はそれなりのお金がかかります。そこにお金を使うよりも、毎日の生活など、もっと優先すべき事があると思い外壁のリフォームは先延ばしにしてしまっていたのです。

けれども、外壁の塗装をしないで禿げた状態を放置しておくとどのような事態になるのか、知る機会がありました。外壁の塗装が剥がれるとそこから雨水が壁の中に侵入して木骨などがどんどん腐っていくというのです。家の木骨が腐るとその修理にかかるお金は本当にトンデモない金額になってしまいます。それに地震や台風などの災害に遭った時にはその耐久性に問題が出てしまうという事もあるらしいですね。

外壁のリフォームの重要性を思い知り、塗装工事をしてもらう事にしたんです。

外壁の塗装にあたっては足場を組むので、合わせて屋根の塗装も一緒にやってもらいました。その方が効率が良いですからね。外壁の塗装が剥がれていた時、我が家は見た目としては本当にみすぼらしい状態。けれど外壁塗装を終えると外観は本当に綺麗になりました。ひとことで言うとまるで新築の家のようです。そして雨が降ると、外壁にかかった雨水はきれいにはじかれます。それを見ていると雨水が壁の中に侵入する事をきちんと防いでいる事が分かりました。この時、本当に外壁のリフォームをして良かったと思いましたね。

一方で、今回の外壁のリフォームで、塗装の剥がれを放置しておくと家にどのようなダメージを与えてしまうのか、初めて知りました。なので外壁のリフォームを終えて見て、本当ならもっと早く工事を行えば良かったなと反省はしましたね。幸い、今の所外壁の塗装を先延ばしにしていた事で家に大きなダメージは出ていないようなので、安心はしています。

多分、世の中には私のように資金の問題から外壁塗装のリフォームを先延ばしにしている人はたくさんいる事と思います。外壁の塗装が剥がれてもそれは見た目だけの問題と思われているかもしれませんが、それは実は大きな間違いなんですね。放置をしておくと雨水が壁の中に染み込んで木骨の腐食の原因にもなってしまいます。そうなるとその修理にかかる出費は外壁塗装の費用なんて軽く上回ってしまうとも言います。そうなる前に外壁塗装のリフォーム、しておいた方が良いのです。是非、一戸建てに住んでいる人は参考にして下さいね。