【リフォームの声】お風呂場を一新

実家のお風呂場は釜が縦長のタイプなので体を十分に伸ばすことが出来ずにストレスを感じていました。カビも凄くハンドルで火を付けるタイプの湯沸かし器であり面倒です。体を綺麗にする筈のお風呂場が汚いのはちょっと嫌だなぁと思って居たのですが、両親は存命の内に実家を相続する事になりリフォームしました。

至る所にガタは来ていましたがお風呂場を優先したのは一番手間の掛かるであろう水回りを本格的に引っ越す前に手を付けたのが理由です。お風呂場はガスを扱うと言う事、ユニットバスにしたり、シャワーに拘ったりしたことにより結構な時間が掛かりましたが完成後を見て満足しました。

壊れかけの古民家ですがお風呂場だけはホテルの様な内装になっているので面白いです。これから少しずつ他の部分にも手をかけ、ゆくゆくは結婚し家族と生活する事を視野にいれて改装しています。リフォームの最中は日々の暮らしに不自由します。特に水場が使えないと制限も強いので一時的にでもホテルや実家等々、別の場所で完成までを過ごした方が良いと思います。

業者との立ち会いもあるので最初の内は忙しいので仕事と並行して大がかりなリフォームをするのは時間の都合上結構大変でした。