【リフォームの声】お風呂場とトイレを分ける

私がマンションのリフォームを行った場所はお風呂場とトイレです。

昔のマンションはお風呂場とトイレが一緒になっており、敷居がありません。ですので、お風呂を利用している最中にトイレの便器が丸見えでありなんとなく汚れが飛んできそうで嫌です。だからトイレとお風呂場を分けるために工事をしました。ユニットバスタイプの物から壁でトイレを分けたシステムバスタイプの物に変更してお風呂を沸かすボイラーを室外に移動させました。

リフォーム前とリフォーム後の違いは衛生面が向上したのとトイレとお風呂場が分かれたのでトイレットペーパーが濡れるといった心配もなくなりました。ただ、デメリットとしては浴室の壁を取っ払い広くした分トイレのスペースの確保が難しかったのでトイレを使用する際の開放感は前より薄れてしまいましたが、その点を配慮しても満足のいく結果です。

湯沸かし器のボイラーも手回し式の点火方式の物から電源のあるタイプの物になったので点火を失敗してお風呂を沸かすことができないといった心配が無くなったのが良いです。手回し式のボイラーは中々つかないこともあり面倒な作業だったのでそれが解消されて簡単にお風呂を沸かせるようになり快適になりました。