【リフォームの声】お風呂とトイレのバリアフリーは必須です

一人暮らしをしている母親の家は、ずいぶん古いものなので、建て替えることも考えていました。しかし母親にしたら、とても愛着のある家なんですね。

予算の関係と母親がしたいと思うところで、リフォームするのはトイレとお風呂場でした。そこは段差があり、躓いていたからです。特にお風呂場はタイルとなっているので、そこで躓くと大変なことになります。そこで早急にしたいと思うようになりました。

トイレとお風呂場の段差をなくしてその部分に入りやすいように取っ手をたくさんつけることにしました。母親は、以前の作りに慣れているので慣れていないその後に家に少し戸惑っているところがありました。そのため、ちょっとした変化に対応できないと心配して取っ手を付けることで、もしもの時にその部分を掴むことができるようにしました。