【リフォームの声】おばあちゃんのために

おばあちゃんが脳梗塞で足が思うように動かせなくなり、昔ながらの日本家屋で段差がたくさんあり、高さもある部屋では暮らしにくくなりリフォームを決意しました。

あまり贅沢はできないので必要最小限ではありますが、床とトイレと玄関部分のリフォームをおねがいしました。まず床は畳や板張りのところの段差をフラットにしてもらいました。あとはなるべく足が滑りにくいといわれた畳にも変更いたしました。トイレは介助がしやすいようにタンクレスにして部屋のスペースを少しでも確保して、手すりをつけました。

そして玄関は将来、車椅子での生活も考えられるので靴箱を撤去してスペースを確保し、そして上がりかまちが高すぎたので段差の部部を2段にしてもらい、幅もとってもらいました。玄関からの廊下の部分が少し狭くなりましたが玄関が狭くなるのは避けたかったので廊下を削ることにしました。

そして、リフォームがおわるととても快適になったと言われました。今まで出来ていた事が病気で急に出来なくなりストレスだったようですが少しずつ不便が改善されておばあちゃんの機嫌もよくなりました。こちらとしては転倒の心配が軽減され、玄関の出入りも楽になったのでリフォームしてよかったなととても思いました。