【メンテナンスで家が長持ち。屋根葺き替えのベストタイミング】

家の性能を維持する上でとても大事な屋根。365日24時間外気にさらされ、夏の直射日光や台風の強風などを直に受けるので、定期的なメンテナンスが必要になります。屋根葺き替えについて知っておきましょう。

■屋根葺き替えとは?

屋根に施工する工事には2種類、塗装塗り替えと葺き替えがあります。塗り替えは屋根の塗装が劣化したときに塗装をし直すことをいい、屋根葺き替えは、屋根そのものを取り替える工事をいいます。つまり、屋根の劣化が塗装だけでは収まらなくなった場合に行うのが屋根葺き替えで、葺き替えのほうが大がかりな工事になります。

屋根材にはいくつか種類があり、それぞれに寿命が異なります。瓦葺き屋根(日本瓦)は50年〜100年程度、瓦葺き屋根(洋瓦)は35〜40年、スレート葺き屋根は20年~25年程度、ガリバリウム鋼板屋根は30年~40年程度が目安です。ただし、あくまで一般的な目安で、住宅の置かれている環境によって寿命は大きく異なります。また、屋根材そのものは長く持っても、下地材などの劣化があればメンテナンスが必要になります。

屋根葺き替えには2種類あり、同じ屋根に吹き替える場合と、異なる屋根に吹き替える場合があります。瓦屋根から瓦屋根へ葺き替えるだけでなく、瓦屋根からスレート屋根へ、スレート屋根からガルバリウム屋根へなど、種類の違う屋根に葺き替えることもできます。

 

■屋根葺き替えのベストタイミング

葺き替え工事のタイミングは、葺き替えの標準期間が来たとき、もしくは屋根の劣化が目で確認できたときです。葺き替え工事を行う目安は、屋根の種類異よって異なります。瓦屋根の目安はおよそ25〜30年前後、スレート屋根は20〜25年前後、板金屋根は15〜20年前後です。いずれも10年程度を目安にして一度屋根の状態をチェックし、補修や葺き替えが必要かどうか判断するとよいでしょう。

 

■どのくらい期間・費用がかかる?

◎期間
屋根の大きさにもよりますが、塗装塗り替えだけなら2、3日もあれば完了します。一方、葺き替え工事になると4、5日、場合によっては1週間以上かかることもあります。
◎費用
葺き替え工事は、下地の補修工事→野地板の工事→防水シートの貼付け工事→屋根材の設置工事の順に行います。それぞれに費用がかかり、別途足場を組む場合にはその費用、古い屋根材の撤去費用もかかります。塗装塗り替えにかかる費用の相場は40万円~120万円程度ですが、葺き替えにかかる費用の相場は50万円~300万円となります。

(まとめ)

屋根は家を守る大事な部分です。普段の生活ではなかなか気づきにくいですが、劣化症状に早く気づいてメンテナンスをすれば、屋根だけでなく家も長持ちします。定期的なチェックをするように心がけましょう。