『雨漏りの応急処置』

■まずは原因箇所の発見を!
「夜中に急に雨漏りが始まった!」
「大雨の降る時だけ、雨漏りがする…」そんな時ありますよね。
工事費が心配で、業者に頼むのを渋っている方いらっしゃいませんか?

雨漏りの応急処置として、まずは原因箇所を見つけることが大切です!
・屋根材の瓦・スレートが割れてはいない?隙間ができていない?
・天窓の脇に隙間はないか?
・屋根全体が古く、ボロボロになっていないか?
原因箇所を見つけたら、新たな雨風の侵入を防ぐべくブルーシートで覆います。
ホームセンターやAmazonなどで購入可能な、防水アルミテープ・シリコンを使って穴を塞ぐのもオススメです。

■応急処置後は、必ず業者へ連絡を
ですが、あくまで応急処置ということをお忘れなく!
本来なら雨風を防ぐべき屋根が機能していないとなると、柱・梁にまで水分が入り込むとお住まいの構造体がダメになる可能性も…。
取り返しのつかない事態になる前に、なるべく早く専門業者にご相談ください。

「たまーに、起こるだけだから大丈夫よ。」という方、放っている間に、雨が染み出してきて天井部に染みをつくるかも?!
そうするとクロスの張替え代も必要になってしまいます。
ぜひ雨漏りが起こる前に、早め早めのメンテナンスを。
雨漏りが起きてしまったら、応急処置をし、早めに連絡を。