『長期優良住宅ってご存知ですか?』

■長期優良住宅とは?
皆さんは長期優良住宅をご存知ですか?
長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用することができるように作られた住宅のことです。長期優良住宅の促進は、国からも歓迎されており税制優遇措置や各都道府県・市町村ごとに助成金を受けることが可能です。

■維持保全計画が外壁塗装・防水に関連
長期優良住宅には、大きく分けて9つの認定項目がありますが、その中の1つが“維持保全計画”、つまり定期的な点検・補修に関する計画。長期優良住宅の場合、躯体は100年程度もつことを条件とされていますが、外壁や防水は、どうしても日々風雨にさらされるので100年保つことが難しいです。そのため、どうしても定期的な点検・補修が必要になります。

■定期点検・補修はしっかりと!
外壁の塗り替えや防水の補修は、「まだ見た目は綺麗だから、パスしても良いかな?」となりがちですが、住宅を100年保つためです。塗り替え・防水の定期点検・補修をパスしたがためにせっかく建てた長期優良住宅を途中でダメにしてしまうのは、あまりに勿体無くありませんか?

長期優良住宅は一般的な住宅に比べて、高機能・高品質が求められるがために初期費用が高くつきやすいのが実情です。けれど、子世代・孫世代まで長く使える住宅。魅力的ではありませんか?