『メンブレン防水工事とシーリング工事』

■広い範囲の防水工事
防水工事は大きく2つに分けることができます。
1つは“メンブレン防水工事”といって、メンブレン(membrane)防水層つまり水を通さない膜を形成する工事です。
アスファルト防水層・改質シートアスファルト防水層(トーチ工法)・シート防水層・塗膜防水層など、さまざまな防水皮膜形成方法があります。この方法は、屋根や屋上など広い面積の防水工事に用いられます。

■細かな部分処理の防水工事
2つめは“シーリング工事”といって、建築物の部材と部材の接合目地に、水密性・気密性を得るために不定形材料を重鎮する工事です。先ほどのメンブレン防水と異なり、細かなところを防水してくれます。
わかりやすいところでは、風呂場のタイル目地やサッシ周りなどをご覧下さい。きっとシーリング材の重鎮が行われていると思います。ポリサルファイド系・シリコーン系・変形シリコーン系・ポリウレタン系・アクリル系など、シーリング材の種類もさまざま。ちなみにシーリング材は、シール材・シーラントとも呼ばれています。

■多様化する防水工事
また特殊な方法ですが、橋や海沿いの建築物に用いられる浸透性防水という工事法方法もあります。近年では、躯体保護材としての利用効果もあると注目されています!